東北牧場の野草なら安心して食べられる

東北牧場では、農薬や化学肥料を使わずに野菜を栽培しています。

雑草は除草剤を使わず、人の手で必要最低限の除草をします。
アブラムシなどの害虫には殺虫剤を使わず、牛乳や片栗粉などを水で薄めて噴霧し、退治します。また、テントウムシなどの益虫が住みやすい環境を作り、害虫を捕食してもらいます。

このように、農薬を使うことなく、草や虫たちと共存しているため、東北牧場の野草は安心して食べることができるのです。

ここでは、東北牧場に自生する食べられる野草とその効能についてご紹介します。


ヨモギ(Mugwort)

コレステロール値を下げる効果があるとされ、香りも味も良く、幅広く使われる。

スベリヒユ(Purslane)

血管を丈夫にする脂肪酸を含み、肉厚の葉と茎はシャキシャキとした歯ごたえ。

タンポポ(Dandelion)

ルテインやカロテンなど抗酸化力を持つ成分で美味しい苦味を持つ。

アオビユ(Philadelphia fleabane)

ビタミンと鉄分を多く含み、葉はしっかりとして歯ごたえもある。

カキドオシ(Alehoof)

消化器系の疾患に良いとされ、精油成分による独特の香りがある。

ギシギシ(Japanese Dock)

解毒や肝機能不全に効果があると言われ、酸味がある味わい。

ハコベ(Chickweed)

春の七草のひとつで、健胃作用が高いとされ、葉は柔らかく、茎はシャキシャキ。

ナズナ(Shepherd's Purse)

別名「ペンペン草」。止血や下痢などに効果があると言われ、旨味がある。

アカザ(Purple Goosefoot)

ビタミンAや鉄分が豊富と言われ、ほうれん草に似た味わい。

ツユクサ(Asiatic Dayflower)

むくみの解消や糖質の吸収を阻害すると言われ、さっぱりとした味わい。

オオバコ(Chinese Plantain)

クセがなく、古来より薬草として咳止めや利尿など、万能ハーブと言われる。

スミレ(Violet)

解毒や殺菌作用があると言われる。花はサラダや砂糖漬けにも使われる。


東北牧場の野草を味わえる関連会社

東北牧場の野草を味わえる関連会社

東北牧場の野草は次の関連会社へのみ出荷しています。各店舗オリジナルの野草料理や、野草カクテルなどをお楽しみください。

ホテルコンチネンタル府中(京王線 府中駅 徒歩1分)
サクラカフェ&レストラン(池袋、幡ヶ谷、神保町、日暮里)
銀座300BAR(NEXT、8丁目店、5丁目店)
さくら亭(JR山手線 原宿駅 竹下口 徒歩8分)
よもだそば(日本橋本店、銀座店、名古屋うまいもん通り広小路口店)


Phone

0176-62-9200
8:00~17:00(年中無休)

Email

info@tohoku-bokujo.co.jp
メールフォームでのお問い合わせはこちら

Address

〒039-2403
青森県上北郡東北町新舘有野部1-3